最近は、いつにも増してふわっふわした感じで過ごしてます。ここ1年ぐらい、上がってるか下がってるかのどっちかという状態だったので、真ん中ぐらいにいるとふわっふわしてしまうのでしょう、ふわっふわ。

 

漠然と「いい生活をしたい」とよく思うようになったので、おそらく心は健康、なはず。昨年の下半期ぐらいから、とにかく生活の質を上げたい願望が凄い。

 

あとは、自分の中の大事なものを無意識に選別していってる感がある。そういう年頃?

選別というか取捨選択というか。大事なものが浮かび上がってくると考え方もシンプルになって、なんだか良いような、そんな感じ、もう少しでその感覚がちゃんと掴めそうな気がする。

 

3人以上でどこかへ出かける時、友達の後ろ姿を撮るのが好きで、今日もこっそり撮った。

嘘臭いけど、「あー幸せになってくれー」と背中を押すような気持ちで、歩きながら写真を撮る。友達の写真はたくさん撮りたい。

 

tofubeatsuの新曲とても好きなので載せておきます。 

youtu.be

絶望シネマで臨死

youtu.be

「悪いことは重なるなあ 苦しい日々は続くのだ」

っていうこの普遍的な歌詞を書けることの凄さ。

悪いことが重なってるし、苦しい日々が続いてるんですけど、それが歌としてメロディに乗っかってることの心強さ。今の星野源も昔の星野源も好きです。

 

どうにもできないことばかり私の底に居座り続けているので、定期的にせり上がってきてその度に怒り狂って最終的に絶望するんですよね。

人に相談するにも何をどう言えばいいか分からないし、そもそも私が自分の現状がもう訳分からなくなってるので相談された側も困っちゃうんだろうなあ。

 

2017年はよく発狂せずに耐えたなあ、と思う。職場のど真ん中で大声で叫んで全部めちゃくちゃにしたい衝動によく駆られてた。

その度に、大森靖子の「魔法が使えないなら」の「狂っても狂ってもちゃんとやれる」

って歌詞を思い出してた。

youtu.be

 

退路が無いな、って最近よく思ってたんですけど、退路を探してる時点でなんかもう駄目なんだろうな。というのを考えてたらハチクロの森田さんのお兄さんを思い出した。光が見えないから進む方向が分からないです。

 

24歳ってこんなんでいいんですかね?なんか周りの人から見たら私は何も問題ないように見えるらしいんですけど、まあそう見えるように見せてるところもあるんですけど、問題だらけだし全然大丈夫なんかじゃないわ。けどなんだかんだで大丈夫になってしまうから、大丈夫じゃなくなりたい。

絶滅すべきでしょうか

最近観たもの等の雑な感想+α

 

1/3(水)

勝手にふるえてろ(映画)を観ました。

とても良かった。観終わった後の余韻、今でもある。

ヨシカ寄りの人間なので辛いところもありますが、小説読んだ時は何とも思わなかった二が映画でとても魅力的に見えたのが印象的。

あのリアルなウザさとバカ真っ直ぐな感じ、すごい良かった。

 

1/6(土)

ジャニーズWESTのコンサート、Westival昼公演

お友達がチケット取ってくれて行きました。

アルバム聴けてなかったのだけど、そんなことは関係なく楽しませてくれるのがジャニーズWESTだなと思います。

まあ、聴いた方がより楽しめるし、それを言い始めたらアルバムの発売日とコンサート初日の日付おかしいよね?とは思いますが、思いますが、何の予備知識もなくあのセクシー淳太様を観れたので何も言いません。

 

1/8(日)

ウォーク・イン・クローゼット/綿矢りさ

を読みました。綿矢りさの書く女の話がとても好きなので、二篇のうちウォーク・イン・クローゼットは特に好きでした。

 

夜、新宿レッドクロスで挫・人間と2のツーマン

挫・人間、観るたびに最高を更新していく

ワンマンでも最高、アウェイでも最強

無条件にブチ上がり、嬉しくなり、楽しくなる

セルアウト禅問答で、下川くんの「アイラブユー」と、観客の「アイラブユー」が爆発しているあの空間、いつもグッとくる。絶対美しくないのに美しいと思う。

挫・人間が私の憂鬱な日々を何度でも除霊してくれるから私はなんとか生きている。マジだぜ。

 

 

数年前と同じことになりかけていて、成長しないなあと思っているところです。成長しないなあと思っているところ含めて数年前と同じです。

恋でも愛でも恋に恋してるでも、何でもいいんだけど、誰を好きになったって誰に好かれたって辿り着く場所は同じな気がしてしまって、何もできなくなってしまうのだけど、絶滅すべきでしょうか